第351回宮城県議会定例会

2015/03/02

nakazawa0311

中沢幸男議員 一般質問要旨

1 真の地方創生に向けて

震災後4年間の復興に向けた取組への感想と今後の決意や思いについて、知事の所見を伺いたい。
国に要望している集中復興期間の延長は切実な課題であり、全力を挙げて実現してもらいたいと思うが、延長の見込みについて知事の所見を伺いたい。
集中復興期間の延長が認められた場合、平成28年度以降必要となる事業費は、国、県、市町村を合わせてどの程度になるのか知事の所見を伺いたい。
震災の教訓を後世に伝え県民に定着させる仕掛けが必要であり、専門家や県民代表からなる検討委員会を立ち上げ、「稲むらの火」の物語のように、我が県独自の物語を創作してはと思うが知事の所見を伺いたい。
以下7点について知事の所見を伺いたい。
(1) この4年間の震災関連公共事業の大幅な増加により、新規雇用者はどの程度増加し、地域経済への効果・影響はどの程度だったのか。また、震災関連事業の増額による県財政への影響について具体的にどうか。
(2) 今後の震災関連公共事業の大幅な減少により、地域の雇用面と経済面に与える影響はどの程度と見込まれるのか。
(3) 所得が増えない中で物価が上昇すれば消費が減少するのは明らかであり、今は適度の円高で物価を抑制する必要があると思うが、今日の消費の現状についてどうか。
(4) 国の地方創生の方に対し、歴代内閣の類似政策への評価を含め、基本的にどう対応しようとしているのか。
(5) 地方創生に取り組むに当たっては、人口問題にどう対処するかがポイントであり、様々な切り口があると思うが、現段階でどのようなことを考えているのか。
(6) 少子化対策を基本に据えて今回の地方創生に取り組むべきと思うがどうか。
(7) 水素社会元年と言われる今年、県はどのような取り組みを考えているのか。

2 障害者雇用対策について

以下2点について知事の所見を伺いたい。
(1) 企業の障害者雇用率について、我が県が全国最下位であるとの報道に愕然としたが、この結果をどう受け止め、どう要因分析しているか。
(2) 障害者雇用率の改善を図り全国最下位から脱するため、どう取り組んで行くのか。

3 広域防災拠点整備事業について

以下3点について知事の所見を伺いたい。
(1) 整備するエリアは仙台貨物ターミナル駅になっており、JR貨物は岩切地区を有力な移転先候補地として今後具体的な検討を進めると聞くが、宮城野原地区の買収面積と買収額についてどうか。また、JR貨物との協議の進捗状況についてどうか。
(2) JR貨物は岩切地区で環境アセスメントや地質調査を行っていると聞くが、現時点での調査結果の概要はどうか。
(3) 県民に満足してもらえることが大事だが、災害発生時のみならず平常時の使い方も含めて、どのような施設にしようとしているのか。

4 介護施設のボランティア活用について

以下3点について知事の所見を伺いたい。
(1) 海外の介護施設では多数のボランティアを受け入れ、職員と一緒に介護を行っていると聞く。人手不足に悩まされている我が国の介護現場においても、諸外国並みにボランティアを活用すべきと思うがどうか。
(2) ボランティアを活用するには受け入れる施設側の体制整備も必要であり、県として施設を指導すべきと思うがどうか。
(3) 介護する側の人材として、元気な高齢者を積極的に活用すべきと思うがどうか。

5 道徳教育について

以下3点について知事、教育長及び警察本部長の所見を伺いたい。
(1) 国内外で心が痛む事件が相次いでいるが、我が国本来の「和の心」を再び確かなものにするため、先ず行動してみるという前向きな姿勢が大切だと思うがどうか。
(2) グローバル化の進展や海外との交流の活発化を踏まえれば、学校教育の場で、世界の宗教について歴史的な背景から的確に教える必要があると思うが、現状を含めてどうか。
(3) インターネット上での有害画像の氾濫は目に余り、子供達でも携帯電話等で容易に閲覧できる環境は見過ごせないが、県教委としてどのような対策をとっているのか。また、県警として取締を含めてどのような対策をとっているのか。

6 交番設置について

以下2点について警察本部長の所見を伺いたい。
(1) 桜ケ丘駐在所の交番移行について、事件事故の発生状況如何によっては検討課題になり得るとしていたが、北山トンネル付近での交通死亡事故の発生を受けて、交番設置に向けた検討はなされたのか。
(2) 桜ケ丘交番の設置を強く要望するがどうか。